こんにちは!わがおです。

 

 

出産してからのお久しぶりの更新。

こんなにも出産した後に時間がとれないとは・・・。

 

 

只今、息子は生後22日。

 

 

先日お七夜の日に息子の命名を行いました!

性別がわかったのは妊娠5ヶ月の時だったのですが、出産してからもなかなか決まらず結局一から考えなおすことに。

 

私が名前を決めきれなかった理由として・・・

 

  • 何を基準に名前を決めていいか定まらない
  • 生まれてきた赤ちゃんの顔が名前のイメージと違うかもという不安
  • とりあえず候補を出しすぎた

 

そんなこんなで時間だけが経っていきました。

 

 

妊娠中に友達や家族と会うと「名前決まった!?」と必ずといっていい程聞かれます。

 

 

決まってない事を告げると、みんな無責任に名前の候補を出し続けますw

挙げ句には、候補に入れていた名前にケチをつけられますます決められない状況に笑

 

 

そんな状況を打破する為にも早めに名前を決めておくことをオススメします。

 

 

また、私が迷いに迷った挙げ句に決め手となった

赤ちゃんの名付けにオススメの「姓名判断」サイトをご紹介します!!

 

 

目次

 

赤ちゃんの名前はいつまでに決める?

 

赤ちゃんが生まれてから最初に迎えるイベントが「お七夜」。別名「命名式」「名付けの祝い」とも言われています。

 

生後6日目の夜に命名書などを筆でしたためる習わしで、

一般的にはお七夜の日までに命名するものとされており、両親や祖父母の時代は大事にされていた行事です。

 

我が家でも両親にしつこい程突かれ、お七夜の日に意を決して名前を決めることに笑

 

一応、儀式的な事で命名書を用意して祖母が作ってくれたお赤飯を家族みんなで息子を囲みながら頂きました。

 

 

が、必ず「お七夜」までに名前を決めなければならないということはありません。

 

赤ちゃんが誕生したら市区町村に「出生届」を提出しますが、

出生後14日以内に必要事項を記載し、母子手帳、印鑑を持参の上提出します。

 

この「14日以内」というのが、赤ちゃんの名付けの期限となるわけです。

 

 

どうしても14日以内に提出できない場合は、それ以降に提出しても一応受理はしてもらえます。

ですが、超過した理由を届け、簡易裁判所の判断で「過料」が課せられる場合があるので

基本的には14日以内を守ることがベストでしょう。

 

 

赤ちゃんも長い間、名無しの権兵衛ではかわいそうですよね><

 

 

うちもしばらくは胎児ネームで呼んでました。

なので、命名後の名前が未だにしっくりきていません。笑

 

 

必要以上に名前を呼んで早く慣れなきゃですね~。

 

 

 

赤ちゃんの名前を決める基準は?

 

 

赤ちゃんの名前は、両親からの最初のプレゼント。とはよく言いますね。

最初であり、一番大事なプレゼントになること間違いなしでしょう!!

 

だからこそ悩む我が子の名前・・。

 

やみくもに考えても仕方がないので、多くの人は以下を基準に考えはじめるのではないでしょうか?

 

  • 名字と合わせた名前の響きや呼びやすさ
  • 名字と合わせた漢字のバランス
  • パパとママの名前から一部をとる
  • 産まれた月や季節からイメージ
  • パパとママの願いを込める
  • 使いたい漢字
  • 好きな芸能人や、尊敬する著名人から抜粋
  • 日本でも海外でも通用する名前
  • 身近にいない名前
  • 姓名判断に任せる

 

などなど。

 

実際に私も上記を踏まえた名前をずらーーーっと書き出しました。

 

結果50個位の名前候補を出し、何が何だかわからないことに。

 

数個に絞った所で、両親や親戚や友人に候補に上がった名前を告げると

必ず「○○は止めたほうがいいよーーーー!!!笑」というのが出てきます。

 

みんな意見は違うのが当たり前ですが、決め方が定まっていないと大変なことに。

 

バカ正直に答えるのではなくて、「まだ考え中~」とか言っておけば良かったなぁと密かに思っています笑

 

 

決め手は「姓名判断」!

 

結局、周りを説得させるのも自分達が納得いくのも「姓名判断」でした!

 

 

特に両親や親戚を説得させるにはいい材料に!

 

 

これから産まれてくる子供が姓名判断で「凶」と出たうえ

「人生苦難となるでしょう」なんて言われてる名前に決めなさい!と、言ってくる家族はいないでしょう。

 

私もあまり気に入っていない名前を勧められた時はすかさず「姓名判断」を行い

「あ~。全体的にあまり良くないみたい」と却下させてもらいました。

 

 

逆に自分たちで候補に出した名前も全て姓名判断に。

 

たくさん出していた候補も「姓名判断」にかけることでだいぶ絞られていくので選びやすくなります!

また名前の響きが気に入っていても、字画が関係するので漢字によってはあまり良くない結果も。

 

これらも候補から外れていくのでだいぶスッキリしてきます。

 

次にご紹介するオススメのサイトでは私が実際に利用し良かった点などもご紹介します!

 

 

オススメの「姓名判断」サイト

 

私がオススメするサイトはこちら!

 

「完全無料の子供の名前決め・名付け支援サイト 赤ちゃん命名ガイド」。

 

 

私がオススメするポイントとしては

 

  1. 両親の名前が登録できる
  2. 漢字が表す意味、願い、イメージ、音訓読みなど情報が充実している
  3. 両親の相性診断ができる
  4. 名字と両親の名前を元に相性のいい名前候補を出してくれる
  5. 過去の人気の名前、漢字がランキングで掲載されている

 

特に両親(私達)との相性診断は気にしました。

 

パパとの相性が良くても、ママと相性が悪くて将来対立する恐れがある・なんて記載されていることも。

我が家は男の子なので、将来対立されたら太刀打ちできない・・と思い、

パパ、ママともに相性のいい漢字で決まりました。

 

そして漢字の意味もよくよく考えてみると知らないことも・・・

見た目がかっこいいから。と付けた漢字の意味がマイナスイメージとして使われていることもあるので

そういった情報もこのサイトではすぐに確認することが出来ます!

 

人とかぶりたくない!という人は、過去のランキングもチェックしてみるといいですね!

必死に考えた名前が、案外ランキング上位に入っていたりする可能性もあります。

 

こちらのサイトでは過去4年分、50位までの人気ランキングが男の子、女の子ともにあるので大変参考になります!

 

 

我が家は結果、50個程出していた名前が出産する頃には5個程に絞られ、お七夜で意を決して決めました!!

 

とても気に入っていますし、SNSでの反応が良かったのでサイトを参考にして決めて良かったなぁ~と思います^^

まとめ

 

 

一生の名前だからこそ、慎重になってなかなか決められないですよね><

 

私の知り合いでは、病気や怪我など大人になってから不運が続き

泣く泣く名前を変えたら運気が上がったという人もいるので姓名判断はあなどれないと思います。。

 

とはいえ、ご両親の思いが何より大切だと思いますのでこの記事も名付けの参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

 

JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備