4.jpg

こんにちは。わがおです。

 

 

前回に引き続きここでは、3級試験のキホン中のキホン!を

備忘録の為に「楽しく」おさらいしていきたいと思います!!

 

 

 

前回は、「そもそもFPとは?」というところから。

↓↓↓

前回の記事

 

今回は、「社会保険」についておさらいします。

 

 

※注意※

わがおが個人的にテキストやネットを駆使して

勉強した内容のおさらいです。

備忘録を目的としていますので、こちらの記事を参考にしての

資金運用等はご遠慮ください!責任とりません。

 

 

 

★3級学科試験のカテゴリー★

  1. ライフプランニング ←今回はココ
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックス・プランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

 

 

 

目次

 

社会保険制度ってざっくりいうけど何なの?

 

みなさん会社に勤めていたら、「健康保険」「厚生年金」に加入しますよね??

 

自営業されている方も「国民健康保険」「国民年金」に入られているかと思いますが、

この大枠、すーーーーべてひっくるめたものを「社会保険制度」と読んでいます。

 

 

加入するものは、会社から給与をもらっている人、

自営業者として収入を得ているひとによって「労働保険」「社会保険」の種類が変わってくるのです!

 

 

そして国民みんなが加入している「健康保険」「国民保険」は

公的医療保険というカテゴリになります。

 

 

公的医療保険の種類

 

大きく3つ。身近なものですよ~

 

  1. 健康保険
  2. 国民健康保険
  3. 後期高齢者医療制度

 

1、2については、本人とその家族が加入することができます。

3の後期高齢者医療制度はいくつの人が対象だと思いますか???

 

 

75歳以上。

 

 

 

です。お忘れなく。

 

 

 

また、健康保険に加入する人=被保険者とよびます。

(保険証みてみてください!自分が「被保険者」なんて呼ばれてるんです。)

 

で、その家族で被保険者に扶養される人を「被扶養者」と呼びます。

 

 

 

被扶養者には1年に稼げるお金の制限があります!!!!

  • 年収が130万円未満で、被保険者の年収の1/2未満であること
  • 60歳以上、障害者は180万円未満であること

 

こちら要チェックです。

 

 

健康保険の事業者は?種類はあるの?

 

保険者は2種類。

 

  1. 全国健康保険協会が保険者の 協会けんぽ・・主に中小企業の会社員が加入が加入
  2. 健康保険組合が保険者の   組合健保・・・主に大企業の会社員が加入

 

が、あります。わたしの会社も最近組合健保をつくりましたので

大企業の仲間入りを果たしたようです。(おそらく)

 

 

協会けんぽ保険料ですがそれぞれ異なります!!!

算出方法としては、被保険者の年収(賞与も含め)に保険料率をかけて算出し

その金額を

会社+被保険者で半分ずつ負担することになっています。

 

 

これを 労使折半 というらしいのでメモメモ。

 

 

 

社会保険がカバーしてくれる給付の種類は??

 

 

わがおがまさに今、この給付のおかげで生活が出来ているので

保険制度様様です。

 

仕事でいっぱい嫌な思いしたけど

会社員でよかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

と心の底から思いましたwww

 

 

自分の身に降りかからないと、以外としらないままなんですよね。

 

 

ってことで、じゃん。

 

 

主な給付の種類

 

  1. 療養の給付
  2. 高額医療費
  3. 傷病手当
  4. 出産手当
  5. 出産育児一時金
  6. 埋葬料

 

こんだけ健康保険がカバーしてくれるのです!

権利っちゃ権利だけど、ありがたや・・・・。

 

 

それぞれの内容を深掘りしてみましょう。

 

 

●1、療養の給付

 

「療養」とか言うからややこしいけど、病院に通ったり、お薬貰ったり、ある時は入院したり、手術したり・・。

歳取るといろんなところにガタがきますね。(ちがうか)

 

そんな時「3割自己負担」とかって病院でいわれますよね?そのこと。

 

ただし、仕事中に起きた災害は対象にならず

普段の生活で起こった事項について給付となります。

 

 

自己負担割合も年齢によってことなります。

 

小学校就学前まで・・・ 2割

小学校から70歳未満・・・ 3割

70歳から75歳未満・・・ 2割

※ただし、70歳以上でも所得が以前と変わらない場合は3割

 

 

参考:H26年3月以前に70歳になっていた人は1割!となります。

 

 

●2、高額医療費

 

その名の通りで、治療代が高額になった時に一部のお金が給付されます。

 

条件は「同じ月」「同じ病院」での医療費が一定額を超えた場合に差額分が支給されます。

 

全部ひっくるめてかと思いきや、保険適用外となっているもの

(ベッドなど)は対象にならないのでその分は差し引いて計算します。

 

 

 

「あのー・・その一定額ってのはおいくら万円になるんでしょか?」と

 

 

 

私だったら不安げな表情で看護師にきくでしょう。

 

 

 

そこでまた、ややこしい暗記しなきゃいけない計算式が出てきます。

 

ドン。

 

 

 

出典:全国健康保険協会

 

 

70歳未満の自己負担限度額の一覧です。

※70歳以上は今回は割愛

 

試験では、計算式が出る可能性が高いのですが、

平均的であろうの月額28万~50万円の数式【80,100円+(医療費ー26,7000円)×1%

優先的に覚えておきましょう。

 

 

 

 

●3、傷病手当金

 

被保険者が、病気や事故、怪我で一時的に働けなくなった時に

最長1年6ヶ月まで支給されます!

 

働けなくなっても補償があるって安心。ホ。

 

支給されるのは会社を休んで4日目から。1日~3日分は支給されないのでご注意を。

 

 

支給金額も、いままで通りに全額支給されるのではなく

 

直近1年間の報酬の平均月額(12ヶ月)から日割り計算(30日)し、

その2/3が1日お休み分として支給されます。

 

 

 

 

●4、出産手当金

 

ありがたやーありがたやー。

私はまだ支給されていませんが、これからこちらの制度にお世話になります!

 

支給日が先なので、しばらく無収入になるけど首を長くして待ってるよ~。

 

 

出産予定日から数えて、出産前42日と出産後56日の間で

お仕事を休んだ日が支給対象になります。

 

支給額は「傷病手当金」と同じ。継続して12ヶ月働いた人に支給されます。

 

 

だから、妊娠わかってから残業頑張ったよね。

切迫流産になって会社休みがちだったけど、

この仕組を知ったので体調が良くなってからは働きマンになりました。

 

 

 

●5、出産一時金

 

一律42万円、出産にかかる費用負担してくれます。

 

4ヶ月未満の場合は残念ながら対象外。。

出産は残念ながら死産、流産となってしまった場合も対象となります。

 

 

●6、埋葬料

 

勉強して初めてしった埋葬料!!!!!

 

被保険者、被扶養者の死亡で葬儀を行った場合に支給されます。

 

 

5万円。覚えてね。5万円。

 

 

 

自分のことに置き換えてみると頭にスッと入ってきませんか?

※計算式以外。

 

 

 

ちなみに・・・

会社を辞めたとしても2年間は、同じ資格を持つことができます!!

 

それにはスピードが勝負よ。

 

なぜなら、2ヶ月以上就職したのちに

退職後20日以内に申請をしないと資格がもらえないから。

 

 

うっかり、会社やめたぜーーー!長期で海外旅行いっちゃうぜーーー!!!

なんて呑気な事をしてたら資格なくなっちゃいますよ。

 

ただし、保険料は全額負担なので。会社は冷たい。

 

 

 

 

今回はここまで!!!

 

 

次回は、自営業者の方が加入する「国民健康保険」についておさらい!

 

 

 

アウトプットが何より大事。頑張ろう~

 

 

JUGEMテーマ:習い事・資格・講座